Tsuna・Good!

【社長コラム】自責の気持ちこそが成長の機会に

2017.09.08
メッセージ

昨今感じる、「何だかなぁ」

最近、報道等で耳に入ることが「何だかなぁ」と感じることが多くあります。「何でもかんでも人のせいにするんだなぁ」と。
暮らしが悪いのは国のせい、自分が報われないのは政治のせい、親のせい、会社のせい、上司のせい、もっとたちが悪いのは子供のせい…。
またそういった方々に共通するのは、自分に甘いことではないかと思います。人の事は攻撃するのに、いざ身内や自分のこととなると擁護したり、口をつぐんでしまったり…。

私がいつも、心がけていること

私は自分の周りの人間にいつも伝えています。
「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、全部自分のせいにしなさい」

例えば業務上、何かのミスが起こった際は、ミスをしてしまったメンバーに申し訳なく思います。会社のシステムや業務フロー、マネジメントがしっかり整備できていなかったばかりに、ストレスをかけてしまったことが原因だと思うからです。

人のせいにすることは、成長の機会を逃すこと

人のせいにする事は簡単です。ただ言い換えれば、困難に立ち向かう機会を人に渡しているとも言えるでしょう。つまりは成長の機会をみすみす逃していることに他なりません。上手くいかなかった原因を自分の力不足と置くからこそ、主体的に原因を探し求め、その原因に向かってアクションを起こすことができます。普段からそういったスタンスに立てるかどうかで、長い目でみれば自身の成長において相当の差がつくのではないでしょうか。

ただ今の時代、電信柱は地下に埋められ、郵便ポストが街から消えていく中、なんとか自省の精神を、分かり易く伝える例えが必要になってきました。
「サーバーが落ちたのも自分のせい」…何だか違いますね(笑)
また良い例えが思いつけば、この場にて披露させていただきます。

プロフィール

ツナグ・ソリューションズ 代表取締役社長 米田光宏(よねだみつひろ)

1969年生 大阪府出身。関西学院大学経済学部卒業後、株式会社リクルートフロムエー(現リクルートジョブズ)入社。 主にマーケティングや商品開発、組織コンサルティング業務を担当。一貫してアルバイト・パート採用領域に関わる。 株式会社リクルート首都圏FMカンパニー企画室長を経て、2007年株式会社ツナグ・ソリューションズ設立。 同社代表取締役社長就任。

お問い合わせ先

ツナグ・ソリューションズ 担当:広報企画課 川田(かわだ)
TEL:050-3816-5569
MAIL :contact@tsunagu.co.jp