NEWS / INFORMATION

ツナグ・ソリューションズ

「オフィススープ」の導入で従業員を“ホット”に!充実した福利厚生で一人ひとりの働き方を支援-従業員のこころとからだを気遣う健康企業を目指して-

2017.07.26
ニュースリリース

飲食・サービス、小売流通チェーンや大規模アルバイト・パート採用企業にむけた採用代行およびコンサルティングサービスを提供する株式会社ツナグ・ソリューションズ(本社:東京都千代田区/代表取締役:米田光宏、以下ツナグ・ソリューションズ)は、株式会社スープストックトーキョー(本社:東京都目黒区/取締役社長:松尾真継、以下スープストックトーキョー)の提供する「オフィススープ」を2017年7月24日(月)より導入いたしました。

従業員への感謝と健康を気遣う想いを、“より身近に、実感しやすい福利厚生のカタチ”で伝える

スープストックトーキョーは「世の中の体温をあげる」という企業理念のもと、スープを通じてオフィスで働く人たちにほっと一息つける時間や頭と心をリセットできるひとときを届けるべく、「オフィススープ」を提供しています。
オフィススープの導入により、電子レンジで温めるだけで、いつでも簡単に食事が可能です。

ツナグ・ソリューションズでは、働き方改革への取り組みを実施しています。2017年7月1日より「サマータイム」を導入しました。全従業員の退社時間の圧縮やフレックスタイム制度との掛け合わせで朝型勤務や時短勤等、従業員の生活環境に合わせたダイバーシティを充実させています。
こういった様々な働き方が在る中、従業員に健康でイキイキと働いて欲しいというのは全従業員への共通の願いです。常に健康を意識した食事を用意しておくことで、時間軸が異なる従業員へも共通してその想いを伝えることができ、福利厚生をより身近に感じてもらえると考えます。
また、夏場のオフィスにおける冷房対策。オフィスワーカーにとっては健康状態に大きく影響するため、冷房環境下での冷え対策は必須です。ツナグ・ソリューションズは女性従業員が7割以上を占めるため、からだを温められる温かいスープの存在は重宝されると考えたことも、導入理由のひとつです。

体温を上げるのみならず、“こころ”の温度もあげる(=モチベーション向上)

仕事は会社から与えられるものではなく、自ら創り出すものであり、自分の成長を楽しく実感できる自己実現の場であると考えます。自立性を持った人材を育成することで「働きやすい会社」となるからです。その環境をつくるために、ツナグ・ソリューションズでは福利厚生を充実させ、独自の制度を各種取り入れています。

(例)
LOVE休暇:年1回、大切な人の誕生月に休暇がとれる制度。プレゼント代として、会社から1万円まで支給。
勉強休暇:自己啓発を目的に、年1回、最高連続5日間まで休暇がとれる制度。勉強費として、10万円を限度に支給。
カルチャー&エンタメ半休:年2回、文化・教養に触れ、右脳を活性化するために休暇がとれる制度。会社から1回につき5000円が支給

スープストックトーキョーの理念には、物理的な面のみならず、このような“こころ”の面でも弊社の想いと合致しました。
新たな福利厚生制度導入を機に、より従業員各々の働き方に寄り添った環境整備を行い、従業員のことを最も大切に考え、更なる企業成長をしてまいる所存です。

本件に関する詳細はこちら

ツナグ・スタイルのご紹介(福利厚生)
「Soup Stock Tokyo」(株式会社スープストックトーキョー)

本件に関するお問い合わせ
ツナグ・ソリューションズ 担当:広報企画課 川田(かわだ)
TEL:050-3816-5569
MAIL :contact@tsunagu.co.jp