2020年9月度・最新【新型コロナウイルス影響「採用活動」実態調査】を実施しました

約4割の企業が採用活動の再開時期未定と回答
2020年9月度・最新【新型コロナウイルス影響「採用活動」実態調査】
アルバイト採用支援のツナグ・ソリューションズがクライアントアンケートを実施

ツナグ・ソリューションズがご支援する一部大手企業他を対象に【新型コロナウイルス影響「採用活動」実態調査】を実施いたしました。この調査は、新型コロナウイルスの影響を受けて、企業の採用活動に生じた変化や、緊急事態宣言発令前後での採用活動や関心のあるテーマ・課題の変化の有無、また各調査について前回調査時(6月)からの変化についてとりまとめたものです。

なお、本調査の結果はホワイトペーパーにて公開いたします。

▼新型コロナウイルス影響「採用活動」実態調査 2020年9月度編
https://www.tsunagu.co.jp/download/0016

■調査結果 トピックス
1.約4割の企業は、引き続き採用活動の再開時期が未定(6月比▲12ポイント)
2.緊急事態宣言発令後、約4割強の企業が採用予定数を減少
3.緊急事態宣言発令以降、WEB面接を導入した企業が最多
4.費用・効果に対する不安がHRテック導入時の大きな課題になっている
5.緊急事態宣言発令以降、採用経費削減・応募者対応工数に引き続き課題

【総評】
今回の調査から、企業の採用コストに対する慎重な姿勢が見てとれました。対面での面接が困難となった環境下で、必要に迫られWEB面接を導入した企業は多く見られました。一方、店舗運営の効率化やパフォーマンス向上などに影響するような、他のHRテックに対する投資については判断を控えているようです。新型コロナウイルス感染拡大状況や求職者動向といった外部環境と、自社の経営状況における見通しやHRテック導入時の費用対効果などの内部要因を総合的に検討しなければいけない状況にあります。
ツナグ・ソリューションズとしては、グループやパートナー会社とのネットワークを活かして最新の採用市場の情報を提供しつつ、HRテックを含めた最適な採用手法の構築を引き続き支援して参ります。

■調査概要
調査対象:株式会社ツナグ・ソリューションズ選定・ご協力をいただけた73社
調査期間:2020/9/3~2020/9/10
調査手法:インターネットによる無記名アンケート調査