catch-img

- Beyond the 2020 - 今後の採用手法は多様化。カギになるのは『マーケティング』


目次[非表示]

  1. 1.プロフィール
  2. 2.きっかけは将来像やビジョンへの「共感」
  3. 3.マーケティングを活用した採用手法の浸透
  4. 4.「候補者と繋がっておくこと」が当たり前の世の中へ

昨今の採用市場は空前の人材不足状態で、多くの企業が採用に苦労している状況が継続して起こっている状況である。

ツナグ・ソリューションズでは「Beyond the 2020」と称し、対談やインタビュー等を通じて、採用活動成功の秘訣を探ります。

今回のゲストは、マーケティング志向のタレントプール管理ツール「TalentCloud」を運営している、株式会社タレントクラウド 代表取締役 寺師 岳見 氏です。


プロフィール

株式会社タレントクラウド

代表取締役 寺師 岳見 氏

寺師 岳見(てらし たけみ)

株式会社タレントクラウド 代表取締役

Webマーケ歴20年。

前職、Webメディア運営会社で、サービス開発、企画立案、マーケティング、Webマーケティングに従事。前々職、マーケティング・リサーチプラットフォーム運営会社では、マーケティング運用チームで生活者の声を聞くコミュニティリサーチの企画提案、運用分析、レポートを担当。 

また、当時自社開発したクラウド型予約システムのWebマーケティングを中心にプロモーション戦略と運用を実施。
2016年5月に株式会社タレントクラウドを設立し採用に特化したマーケティングシステムを開発提供する。


株式会社ツナグ・ソリューションズ

営業企画本部 本部長  兼  市場開発室 室長 玉井 生

玉井 生(たまい せい)

株式会社​ツナグ・ソリューションズ 営業企画本部本部長 兼 市場開発室室長

2003年 ユメックス株式会社入社以来13年間、リテール営業、大手営業組織の立ち上げ、経営企画・営業企画責任者として人材領域の営業・事業推進に従事。
個人・マネージャーとして複数回のMVP表彰。

2016年7月に株式会社ツナグ・ソリューションズにjoin。
トップコンサルタントとしてソリューションの提供とマーケティング・ソリューション開発・推進に従事。



きっかけは将来像やビジョンへの「共感」


玉井:

まず、タレントクラウドを作ろう思った背景・きっかけを教えていただけますか?


寺師:

もともと私はマーケティング関連で色々なことをやっていたのですが、その中でWEB動画メディアの会社に事業開発として入った事があったんです。
そのWEB動画メディアは、『PR』とか『採用』を目的として経営者が色んなインタビューを受けて将来像やビジョンを語る動画なのですが、そのコメント欄に「こんな社長の元で働きたい」とか「感動しました」といったコメントを見かける事がすごく多かったんですよね。

それを見た時にこういうビジョンが合う人たちの繋がりって大事にしたいなと思ったんです。
そこから繋がりを作っておいて、いつかこの会社に入れるような仕組みを作ったら面白いんじゃないかと。そこで調べてみたら、コミュニケーションを取りながら候補者のことを知って採用していく「タレントプール」という手法があったんです。
欧米では一般的だったんですが、日本ではあまり知られていなくて、これを日本でも取り入れたら面白いと思ったのがきっかけで事業提案したんですよね。


玉井:

どこかに事業提案をしたということですか?


寺師:

はい。当時いた会社に事業提案をしました。
その頃日本では「タレントプール」って全然知られていなかったんですが、新しい考えや繋がりを持てるように新しい会社でやってみろという事で私が代表として会社を立ち上げることになったんです。


玉井:

無名の状態から売るって、かなり大変だったんじゃないですか?


寺師:

大変でしたね、まずどうやって「タレントプール」というものを理解してもらうかということをすごく考えました。
『候補者をかかえて自社で採用する』という流れや考え方を伝えるだけでは、当たり前ですが「使ってみよう!」とはならないんですよね・・・そんな中でも、知ってもらうきっかけになったのはピッチイベント(※)でした。
スタートアップという立場を活かしてめちゃめちゃ応募しましたね(笑)
そのなかの『B Dash Camp』と『Tech Crunch Tokyo』というイベントでファイナリストになることができて、そこから「タレントプール」という言葉や考え方が広がっていきました。
興味のある企業から声を掛けてもらうことが増えましたね。

※ピッチイベント…ベンチャー企業が自社の魅力や将来性を紹介する催し。ピッチコンテストともいう。


マーケティングを活用した採用手法の浸透


玉井:

実際に利用してもらって感じたことや見えてきた顧客課題はありましたか?


寺師:

課題として気づいたのが採用におけるマーケティングというものを人事担当の方がやられるのは難しいということですかね。
タレントクラウドの中ではメールマーケティングでいうメール配信でのトラッキングとかが必要なんですがそういうことを人事担当の方ができるかというとなかなか難しいですよね。
ITとかテック系の企業さんだとうまく活用してくださっているんですが、そのあたりは新たな課題でしたね。

あとは、広く浅いタレントプールをつくってしまうと数は増えるけど欲しい人材像とマッチしなくて採用が上手く行かないとか。
難しい部分なのですが、候補者が興味をもっているタイミングがとても大事なポイントなので、そこは私たちもフォローしていく必要があるということを強く感じましたね。


玉井:

採用マーケティングは重要だけどなかなか浸透していない、分かっているけどやり方がわからないという担当者の方がいらっしゃるのは私もコンサルをしていて感じますね。


寺師:

極端な話、企業が個人情報をプールしていいの?みたいな声もあったんですよね。
そこは個人情報の持ち方次第じゃないですか。でもそういうことも含めて考え方を変えていく必要があるなというのもすごく感じました。


玉井:

たしかにそうですね。例えば、弊社の運用代行サービスと御社のサービスを組みあわせるっていうのはいいかもしれないですね。



寺師:

とてもいいと思います。操作は簡単なんですが、配信するメールの文面を考える企画力で挫折してしまうお客さんも結構いらっしゃるんです。
タレントプールは使いこなせないと効果がでないですし、そのあたりをツナグさんが代行してもらえればしっかり効果をお返しできると思うんです。
本来であれば脱落してしまう応募者を残しておけるので、長い目でみたら歩留まりもあがっていきますし。




「候補者と繋がっておくこと」が当たり前の世の中へ


玉井:

今年から東京オリンピックにかけて採用環境は大きく変わると思いますが、オリンピック以降はどんな風に変わっていくと思いますか?


寺師:

既に人材との関わり方、雇用の関わり方が変わってきているように採用の在り方も絶対に変わってくると思います。
求人サイトを使ったり、エージェントを使うという今までと同じ手法だけでは採用できなくなると思いますね。


玉井:

採用手法が多様化するということですね?


寺師:

はい。そういった採用環境の中で、自分たちの事業で活躍してくれそうな人材の情報をプールできていれば大分変わると思うんですよね。
最終面接まで進んでくれたけど辞退されてしまったりとか、数は多くなくても欲しい人材をプールできれば後から採用できたりもするのでやりやすいと思うんです。
あとは、プロジェクト単位の繋がりで依頼していくということを実現したい時に、そのプールを持てるかで変わっていくと思っていますし、それを持てているのとそうじゃないのとで勝ち残れるかは大きく変わってくると思います。

いままでは条件採用だったと思うんですけど、条件で選んだ会社って結局転職することが多いじゃないですか。
そうではなく、ビジョンややりがいがあう会社に勤めるとか、既にそうなってきていると思いますしそういう部分を求めている人も増えてきていると思うんですよね。

だからこそ、普段の生活の中での出会いや興味・関心みたいなものを生かして候補者と繋がっておけるというようなことを当たり前にできる世の中をつくりたいですね。 




さいごに

買い手市場から売り手市場となっている今、応募がくるのを待つという受け身の姿勢ではなく企業自らが戦略的にアプローチしながら候補者が興味をもったタイミングを逃さない、ということが重要になってきています。
これは採用活動がよりマーケティングの考え方を取り入れるということを意味しています。その先にあるのは同じビジョンをもった企業と人材が巡り合う、WIN-WINな採用活動なのかもしれません。

ツナグ・ソリューションズではTalentCloudをはじめ、お客様の採用活動に関するお悩みや課題にあわせて、最適なサービスを提供しています。
お気軽にご相談ください!



株式会社タレントクラウド

  タレントプール採用管理システム TalentCloud|株式会社タレントクラウド タレントプールとは、候補人材リストをデータベース化することでタイミングにとらわれずに自社採用を実現する採用方法です。TalentCloudは、候補者DBの構築、メール配信、トラッキング、スコアリング、求人サイト連携など多くの機能を実装したタレントプール採用特化型のクラウド候補者管理システムです。 タレントプール管理システムの株式会社タレントクラウド



採用活動でお困りのことはございませんか?

採用代行サービスでできることが分かります
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください